看護師が仕事行きたくないと思うのはなぜ?理由と対処法はコレだ!

看護師が仕事行きたくないと思うのはなぜ?理由と対処法はコレだ!

こんにちわ!ママナースあつ子です。毎日の業務お疲れさまです。

 

看護師の仕事行きたくないなぁっていう気持ち、誰でも味わったことがあると思います。

もしかしたら「毎日仕事行きたくないって思ってるわ!」とか「逆に、仕事に行きたい!って思ってる人なんているの?」という人もいるかもしれませんね。

でもそんな中でも「今日は気が重くない」とか「明日は仕事行くのがちょっと楽しみ」なんてこともありますよね?

 

その違いは何なんでしょうか?

看護師は、どんなときに仕事行きたくないと思うのでしょうか?

仕事行きたくないと思っても、そんな理由では休めない看護師のあなたに、原因と対策についてお教えしましょう!

看護師が仕事行きたくないと思うときっていつ?

看護師が仕事行きたくないなぁと思うときには、いろいろな理由があると思います。

責任のある仕事ですし、人間を相手にする仕事でもあり、女社会ですからね。

仕事行きたくないと思うのは日常茶飯事かもしれません。

 

あなたはどんなときに仕事行きたくないと思いますか?主な理由についてみていきましょう。

 

ミスをした

看護師は命を預かる仕事ですので、基本的にはミスが許されません。しかし看護師も人間ですから、ミスしてしまうこともありますよね。

ミスをした後は、落ち込んで後悔して反省して、仕事行きたくないと思うと思います。

 

ミスによっては、先輩や師長からきつく注意を受けたり、同じことを繰り返さないようにとカンファレンスが開かれたり、自分が悪いとは言えさらされている気がして余計落ち込んでしまったりもするでしょう。

 

また経験年数を重ねていくと、自分のミスではなく同じ勤務で働いていた後輩などのミスでも「私が防げたかもしれない」と落ち込むこともありますよね。

 

業務内容が嫌

「明日は苦手な処置の介助をしなければならない」とか「重症患者さんがいつ急変するかわからないから怖い」とか、業務的なことで仕事行きたくないと思うこともありますよね。

 

「明日は忙しいぞ」と思うとヤル気スイッチが入る人もいると思いますが、気が重くなる人も多いでしょう。

 

人間関係が嫌

「同じ勤務に苦手な先輩がいる」とか、「転職したばかりで職場に馴染めていないから仕事行きたくない」という場合もあります。

 

メンバーや受け持ちによって、苦手な人とたくさん関わらないといけなそうだな、と予測できることもありますよね。

また、夜勤が一緒だったりすると関わらないわけにはいかないですから、よけいに仕事行きたくないと思うでしょう。

 

職場に馴染めないあなたはこちらも読んでみてくださいね。

<看護師が職場に馴染めない原因とは?看護師だけが悪い?それは違った!>

 

子どもの病気

子どもの具合が悪いときも仕事行きたくないと思いますよね。

子どもが病気のときは堂々と休める雰囲気であってほしいものですが、そうでない職場は多いでしょう。

 

ヘルプを頼んだり病児保育に預けたりして、仕事に行かなくてはならないとき、仕事行きたくないと心底思いますよね。

もしくは、仕事は休めたとしても、次に仕事に行ったときに嫌味を言われるような職場の場合は、仕事行きたくないと思うと思います。

 

夜勤が嫌

夜勤が嫌で仕事行きたくない看護師も多いと思います。

夜勤は忙しくて嫌、眠くてミスをしそうで嫌、苦手な人と一緒で嫌、体がきつくて嫌などいろいろな理由があると思います。

 

看護師に夜勤はつきものですし、月に10日くらいが夜勤ということもあると思うので、夜勤が嫌で仕事行きたくないというのはしんどいですよね。

 

 

看護師が仕事行きたくないときの対処法ーステップ1ー

看護師が仕事行きたくないと思う理由はいくつかありましたね。

わかるわーと共感できるものが多かったんじゃないでしょうか。

 

あなたは仕事行きたくないなと思うとき、どうやって乗り越えていますか?

次は、理由別の対処法を1つずつみていきます。

まずはこの方法で、仕事行きたくないという気持ちを軽くできるか試してみてください。

あなたの実践している対処法もあるかチェックしてみてくださいね。

 

ミスをした

ミスをしてしまったときは、まず自分の行動を振り返り、どうすべきだったのかを明確にします。

そして「同じことは繰り返さない」と誓ったら、もう気持ちを切り替えることです。

 

絶対にミスをしない人はいませんから「ミスのおかげで成長できた」「ミスをしてからが大事」と考え、気持ちを切り替えましょう。

 

気持ちを切り替えてまた頑張ろうと思うことで、仕事行きたくないという気持ちは軽減されるでしょう。

いつまでも落ち込んでいると、次のミスを呼んでしまいますよ。

 

業務内容が嫌

苦手な処置がある、急変が怖いなどという業務内容に関わる理由の場合は、経験と事前勉強が必要です。

 

何より経験することが一番ですが、チャンスに恵まれないこともありますよね。

そんなときは、自分でしっかり予習し、その上で先輩に重要ポイントや実際の方法などを聞いておくといいでしょう。

 

事前に流れがわかって心構えできるだけで、だいぶ気持ちが違うはずなので、仕事行きたくないとは思わなくなるでしょう。

 

人間関係が嫌

苦手な先輩が同じ勤務だから仕事行きたくないとき、絶対に関わらないというのは難しいですよね。

 

そんなときは、仕事に没頭するといいでしょう。

患者さんのケアをしっかりやるのはもちろん、他の忙しそうな看護師を手伝うとか、率先して雑用をするなどして、接触を避けましょう。

 

しかし、いつもと違ってあからさまに雑用ばかりしていたら怪しまれることもあるでしょうし、苦手な先輩が忙しい場合は手伝わないわけにはいかないですから、臨機応変に対応してください。

 

また、あなたは苦手だけれど、むこうはあなたが可愛くて絡んでくるという場合は、嫌われるよりはいいと割りきって笑顔で乗りきるしかありません。

 

そうすることで仕事行きたくない気持ちは軽くなるでしょう。

 

子どもの病気

子どもが病気なのに仕事に行かなくてはならないときは、母や病児保育、ベビーシッターなど信頼できる人に子どもを預け、あなたは仕事に集中してください。

そしてテキパキ仕事をこなし、早く子どもの元へ帰りましょう!

 

信頼できる人に預けられれば、あなたの仕事行きたくないという気持ちは消えるでしょう。

 

夜勤が嫌

夜勤は眠くて体がきつい、眠さでミスをしそうで怖いというときは、短い時間でしっかり休めるような方法を見つけ出しましょう。

夜勤前には、ゆっくりお風呂に入ったり、お気に入りの音楽やアロマでリラックスしてから寝るなど試してみてください。

または前々日に少し夜更かししたり、ジムで運動したりするのもいいかもしれません。

 

また、夜勤の休憩中にきちんと休むことも必要です。

「早く帰りたいから寝ない」とか「寝るとよけい眠くなるから寝ない」という看護師さんもいますよね。

 

私もそうでしたが、たいてい朝になると眠くて頭も体も動かなくなって、寝ればよかったと後悔するんです。

最後までシャキシャキ動ける!という人は休まなくてもいいかもしれませんが、私のような人はやはり休んでおくといいでしょう。

 

そのほうが、仕事がスムーズにこなせ、結果的にミスなく早く帰れると思いますよ。

 

きちんと休めば大丈夫!という成功例があれば、仕事行きたくないとは思わなくなるでしょう。

 

 

看護師が仕事行きたくないときの対処法ーステップ2ー

看護師が仕事行きたくないときの対処法について紹介してきました。

あなたがまだ実践していないものがあったら、ぜひ試してみてくださいね!

 

「もうすでに全部やったことあるけどダメだった!」という看護師さんや、「試してみて一時的には改善したけど、やっぱり仕事行きたくない気持ちは消えない」という看護師さんもいると思います。

 

また、仕事行きたくないという気持ちから、落ち込んだり食欲がなくなったり、頭痛などの軽い症状が出ている人もいるでしょう。

 

そんなあなたは次のステップに進む必要がありそうです。

 

先輩、師長に相談

まずは先輩や師長に相談してみましょう。

先輩や師長は経験豊富ですから、的確なアドバイスをもらえるはずですし、状況によっては苦手な先輩との間に入ってくれたり、夜勤を減らしてくれるなどの配慮もしてもらえます。

 

しかし、上司によっては「そんな甘いこと言って!」と、理解してもらえないこともあります。

上司の性格や相性を見極めてから相談するようにしましょう。

 

グチる

上司に相談するほどでもないという人は、ひたすらグチりましょう。

グチるとスッキリしますし、相手に共感してもらえると、自分だけじゃないから頑張ろうと思えたりしますよね。

 

しかし、会うたびにグチばっかりでは、相手も嫌になってしまうので、気をつけましょう。

 

 

看護師が仕事行きたくないときの対処法ーステップ3ー

看護師が仕事行きたくないときの対処法をステップ1、2とみてきました。

仕事行きたくないことからくる症状が軽い人は、紹介してきた方法で気持ちが楽になることが多いと思います。

 

しかし、わけもなく涙が出たり、仕事のことを考えると絶望を感じたり嘔吐してしまうという人は、重症です。そのような看護師さんは、ステップ1、2はとばして最初からステップ3へ進む必要があります。

 

また、何の症状も出てはいないけれど、ステップ1、2と試しても、やっぱり仕事行きたくない気持ちは軽くならない、という人もいるでしょう。

そんな人もステップ3に進んでください!

 

では、ステップ3にはどんな方法があるのかみていきましょう。

 

心療内科を受診する

仕事が嫌すぎて何も楽しくないという看護師さんや、仕事行きたくないという気持ちが大きすぎて、仕事前になると嘔吐や絶望感、閉塞感などの症状が出る人は、今すぐ心療内科に相談しましょう。

 

話を聞いてもらったり、薬を飲むことによって症状の改善が期待できますし、あまりにひどい場合は、診断書をもらって仕事を休むこともできます。

 

上記の症状が出ている看護師さんは、すぐにでも心療内科を受診してくださいね。

 

 

転職する

いろんな方法を試しても仕事行きたくない気持ちが消えない、上司は信頼できないから相談したくない、グチっても一時しのぎだったという看護師さん、いますよね?

 

または、内科希望だったのに外科だから嫌、日勤だけのはずだったのに夜勤があって嫌とか、そもそもの業務内容に不満がある人、人間関係が悪すぎて自分だけではどうにもならない人などもいるでしょう。

 

また心療内科を受診するほど重症な人も含め、そのような看護師さんたちは転職して環境を変えるしかありません。

 

「転職なんて大げさな!」と思う人もいるかもしれませんね。

もう少し頑張りたい、もう少し頑張ったら変わる気がする、という人は無理にとは言いません。

 

しかし、頑張っている間も仕事行きたくない気持ちは消えず、頭痛などの症状が出てしまったらどうしますか?

症状が悪化して、仕事を休んだり辞めなければならなくなったら、あなたの頑張りは水の泡です。

 

しかも、そのような仕事行きたくない気持ちからくる症状は、周りには理解してもらえないことが多いです。

せっかく頑張ったのに、甘えてるとか、仮病じゃないかとか思われるのは嫌じゃないですか?

そして、そういう話は噂になって、次の職場までついてくることがあります。

次の職場でまでそういう目で見られたくないですよね。

 

ですから、あまり頑張り過ぎず、見切りをつけることも必要です。

あなたの傷が浅いうちに転職し、新しい職場で頑張ったほうがいいと思います。

 

いろいろな対処法を試しても、仕事行きたくないという気持ちが消えないときは、転職することを前向きに考えてみてください。

 

まとめ

看護師が仕事行きたくないと思うときの原因や対処法についてみてきましたが、いかがでしたか?

看護師が仕事行きたくないと思う理由には様々なものがあり、それぞれ対処法が違うことがわかりましたよね。

毎日ウキウキで仕事に行くことはできなくても、あなたの気持ちが少しでも楽になる方法があったらいいなと思います。

 

しかし、仕事行きたくないことが原因で体に何かしらの症状が出ている場合には、もうこれ以上頑張らないでください。

また、何を試してもダメだったり、あなただけが頑張ってもダメな場合には、転職して環境を変えることをオススメします。

 

仕事行きたくないと思わなくなるような職場、思ったとしても一時的で自分で解決できるような職場に転職すればいいんです!

「そんなこと簡単に言わないでよ!」と思うかもしれませんが、実は簡単にできるんですよ!

 

それは、看護師の転職サイトを利用すればいいんです。

転職サイトを利用すれば、あなたの希望通りの職場に転職することが可能です。

転職サイトの転職コンサルタントは、あなたが次の職場に何を求めるのかをしっかり把握して、あなたにぴったりの職場を紹介してくれます。

そして、その職場で働くことができるようにあの手この手でサポートしてくれるんです。

そんな転職サイトに登録すれば、仕事行きたくないなんて気持ちにならない職場に転職することができます!

 

<仕事行きたくないという気持ちにならない職場を探してくれる転職サイトってどこ?というあなたはこちらへ!>

 

あなたが仕事行きたくないなというネガティブな気持ちではなく、前向きな気持ちで働けるように私も応援しています!

看護師転職サイトのおすすめ

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は実績豊富で安心できる看護師転職サイトです。あなたにあった求人を選んでくれるので、まずは相談しましょう。利用者満足度も高く、おすすめです。

ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績豊富なため大変参考になるアドバイスが貰えます。マイナビ看護師との併用がオススメ。

こちらもおすすめ

運営者情報 | 看護師進路相談所とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる