40代看護師の転職は難しい?

 

40代看護師の転職は難しいことはない!注意点を知れば失敗知らず!

こんにちわ!ママナースあつ子です。毎日の業務スーパーお疲れさまです。

 

「40代で看護師として転職するのは難しいのかな」

「30代のうちに転職しとけばよかったかな」

と心配している看護師さん。

 

実際に今40代で転職を考えている人、

いずれは転職したいと漠然と考えている30代の人、

今すぐには転職できずタイミングを考えると40代になっちゃうなという人、

 

など、転職を考えているけれど40代では難しいのかなと不安な看護師さんは多いと思います。

 

でも大丈夫です、40代看護師の転職は難しいわけではありません!

まだまだ安心して転職できますよ!

 

しかし、40代での看護師の転職には難しいケースや注意点もあるんです。

それを知らないと転職に失敗することもあるので怖いですよね。

 

そこで今回は、40代の看護師の転職背景や転職をするときの注意点、難しいケースについてご紹介します。

これを読んでもらえれば、あなたの転職は必ず成功します!

 

40代看護師の転職は難しいことはない!

 

40代看護師の転職は難しいと考えられがちですが、決してそんなことはありません。

 

40代看護師は経験豊富なので、病院側は安心して採用することができるからです。

 

また子育てが一段落して腰を据えて働こうと考える人も多い年代です。

すぐに辞める心配がなく、長く働いてもらえるというのも病院側からするとメリットなので、多少のブランクがあっても40代の看護師は採用してもらえるんです。

 

看護師不足のご時世ですから、なおのこと復帰してくれる看護師はとても重宝されます。

 

なので40代だからと言って、看護師の転職が難しいということはないんです!

安心して転職活動してくださいね。

 

40代看護師の転職背景

 

40代看護師が転職を考える背景にはどんなものがあるんでしょうか。

 

  • キャリアアップしたい
  • 本当にやりたいことをやりたい
  • 子育て後の復帰
  • 体力的にゆるく働きたい

 

専門看護師や認定看護師の資格取得や、特定の分野を極めたい、長く働いてきて本当にやりたい分野が見つかったという看護師が、キャリアアップを目的に挑戦するなら年齢的に今しかない、最後のチャンスになるだろうと転職することが多いです。

 

また、子育てが落ち着いて復帰する人が多い年代でもあります。

今後の教育資金確保のためにフルタイムでしっかり稼ぎたい、夜勤はできないけどある程度の収入は欲しいと考えて復帰する人が多いです。

 

一方で、体力的に夜勤をやることがきつくなってきたとか、急性期病棟でバリバリ働くことがしんどくなり、少しゆるく働きたいと考える看護師もいるでしょう。

 

仕事と、育児や介護、家事を両立させるために時間や体力に余裕のある働き方をしたいという理由で転職を考える看護師もいます。

 

40代看護師の転職が難しいケース

 

40代看護師の転職が難しいケースも、残念ながらあります。

 

40代看護師の転職理由を紹介しましたが、

 

  • 急性期や美容外科などの分野への未経験での転職
  • ブランクが長い
  • 転職回数が多い

 

このような場合は転職が難しいとされています。

理由をご説明しますね。

 

急性期や美容外科などの分野への未経験での転職

40代の看護師は、基本的には未経験の分野への転職も可能です。

 

しかし、急性期病棟や救急部、美容外科などへは未経験では難しいことがあります。

急性期病棟を経験した上での救急部への転職なら(逆のパターンでも)、難しいことはありません。

 

ですが、ずっと慢性期病棟にいたとか、介護施設やクリニック勤務だった40代看護師が、急性期病棟や救急部に転職するのはかなり厳しいです。

 

新しく覚えることが多いので記憶力や理解力はもちろんのこと、スピードを求められたり、休む暇がなくても動ける体力や鈍らない判断力が必要になるからです。

 

また美容外科は普通の病院とは違い、新規顧客獲得のノルマがあったり、看護師も美しくしていることを求められたりします。

 

患者さんではなく「お客さま」への接し方や学ぶ内容など、働く環境があまりにも違うので、適応するのが難しいでしょう。

 

知人の経験談

看護師になって最初の勤務先が救急部だった知人は、あまりの忙しさに結婚のタイミングで慢性期病棟へ異動しました。

 

慢性期病棟で勉強になることも多かったのですが、救急部の忙しさやスピード感が恋しくなることも度々あったそう。

 

40代で子育てが落ち着いて、多少の残業もこなせるし、またバリバリ働きたいという気持ちが強まり、急性期病棟へ転職しました。

 

やはり最初は、ついていくのが大変だったそうです。

救急部を離れてから10年以上たっていたので、昔の知識をアップデートしなければいけないことも多かったとのこと。

 

しかし!看護の基本的なところに変わりはないし、体が覚えていることも多かったので、感覚はわりとすぐに取り戻せたそうです。

「急性期がまったくの初心者だったらきつかったと思う」と話していました。

 

今は「やりたいことができて楽しい!」とキラキラ働いています。

 

ブランクが長い

40代の看護師の転職が難しくないのは、20年以上の経験が評価されるからです。

 

なので、ブランクが10年あるなど長い場合には転職が難しいです。

 

先輩の経験談

子育てのために退職した先輩の話です。

3人のお子さんに恵まれ、気づけば退職してから15年弱。

 

復職するつもりはなく焦りもなかったのですが、いざ自分の時間ができてみると復職への気持ちが出てきたそうです。

 

どうせ復帰するならお給料がいいところがいいと、総合病院にいくつか応募したものの、残念ながら採用されることはなく「ブランクは長いけど、頑張ればどうにかなると思ってたんだけどなぁ」と嘆いていました。

 

その後、介護施設に就職が決まりました。

「昔の情報でお給料が良いと言えば総合病院でしょ!としか考えてなかったけど、介護施設でも今のところはたくさんもらえるし結果的によかった!」と喜んでいます。

 

転職回数が多い

転職が難しいケースの3つ目は転職回数が多い場合です。

 

転職回数が多かったり、ひとつの職場の勤続年数が短かったりすると、あなたに何か問題があり長続きしないのではないか、またすぐ辞めてしまうんじゃないかと危険視されてしまうからです。

 

40代看護師が転職するときの注意点

 

40代看護師の転職は難しいわけではありませんが、注意すべきことはあります。

 

実は、看護師は50代になると転職が難しくなります。

一般職に比べれば50代でも看護師は転職しやすい職種ではあるのですが、やはり20代、30代のほうが優先的に採用されるからです。

 

体力、認知力ともに衰えてきますし、長く働くことを約束するのも難しい年代になってきますからね。

 

なので、40代の看護師はこの転職が最後になるように、言わば最後の職場選びをするつもりで転職に臨むことが必要なんです。

 

今の条件や希望だけでなく、50代やその先のことを考えて転職先を選ぶことが大切です。

 

夜勤はできるか、職場までの距離や交通手段、職場の年齢層はどのくらいか、など今までとは少し違う視点で考えてみてくださいね。

また定年退職は何歳か、定年退職後に再雇用してくれるか、などもチェックしておくといいでしょう。

 

そして、無事に転職できた後、いきなり先輩風を吹かさないことも大切です。

自分より若い看護師が多いと、ついつい上から目線になりがちですが、その職場では後輩であることを忘れないでくださいね。

 

そうすれば40代看護師の転職は成功しますよ!

 

看護師の転職サイトの活用が、成功への近道

40代の看護師の転職には、看護師転職サイトの利用をぜひともオススメします。

 

40代の転職が難しいわけではないとは言え、最後の転職にするためには失敗したくないですよね。

そう考えると味方がほしくないですか?

 

看護師の転職サイトを利用すれば、転職コンサルタントがあなたの味方になってくれます。

40代の看護師にオススメな、そしてあなたの希望も叶えてくれる職場を探してくれますよ。

 

先ほど、40代で急性期病棟などに未経験で転職するのは難しいと言いましたが、そうは言っても挑戦したい40代看護師さんもいるでしょう。

 

そんなあなたに、転職コンサルタントは味方してくれます。

未経験でも転職しやすい急性期の職場を探してくれたり、覚悟や信念、やる気を見せられる履歴書の書き方などを教えてくれるなど、40代看護師でも採用してもらえるようサポートしてくれます。

 

ブランクが長い40代看護師さんには、経験したことのある診療科を選んだり、クリニックや介護施設など看護技術があまり必要ない職場を選ぶなど、転職しやすい職場選びのアドバイスをくれ、そんな職場を紹介してくれますよ。

 

<どんな看護師転職サイトを選べばいいの?という人はこちらへ!>

 

知人の経験談

経験年数20年で転職回数4回と多めだった知人がいます。

最初の職場で8年勤務した後は、1~3年で転職していました。

 

「1回転職すると慣れちゃって、少しでも嫌なことがあるとまた転職すればいいか!って思っちゃって。長く働きたいんだけど続かない。」とのことでした。

 

自分1人で転職活動をしてたのもよくなかったのかもと思い、看護師の転職サイトに登録したそうです。

そして、「長く続けられる職場を見つけたい、転職回数が多い不利な状況はどうしたら挽回できるのか」と相談しました。

 

転職コンサルタントは、「転職回数が多くても正当な理由である場合は正直に伝えていいのですが、あなたの場合は『いろいろな職場で働いてみたかった』、『幅広い診療科に興味を持っていた』など前向きな理由にするといいですよ」とアドバイスをくれたそうです。

そして、今後は長く働くつもりでいることをしっかり伝えてくださいね、と。

 

その知人は希望の職場に転職し、今も5年続いています。

「あのとき、転職サイトに登録してよかった。もう転職することはないかも!」と嬉しそうに話していました。

 

まとめ

 

40代看護師の転職は難しいわけではないこと、でも注意点があることについてお話ししてきましたがいかがでしたか?

 

一般職と違い、40代でも看護師の需要はまだまだあるので、転職が難しいというわけではありません。

しかし、50代になると転職は難しいので、今回を最後の転職にするつもりで職場選びをしなければなりません。

 

また、40代看護師でも転職が難しいケースもあるので、転職を考えている人は、看護師の転職サイトを活用してください。

 

あなたが転職が難しいケースに当てはまるとしても、様々なサポートにより、あなたにピッタリの職場を探してくれますよ!

 

まだまだ看護師として働きたい!妥協したくない!というあなたを私も応援しています!

看護師転職サイトのおすすめ

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は実績豊富で安心できる看護師転職サイトです。あなたにあった求人を選んでくれるので、まずは相談しましょう。利用者満足度も高く、おすすめです。

ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績豊富なため大変参考になるアドバイスが貰えます。マイナビ看護師との併用がオススメ。

こちらもおすすめ

運営者情報 | 看護師進路相談所とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる