看護師の小さい病院から大きい病院への転職は正しい情報で判断しよう!

看護師の小さい病院から大きい病院への転職は正しい情報で判断しよう!

こんにちは!ママナースあつ子です。

毎日の業務お疲れさまです。

今、小さい病院で働いている看護師のみなさん、小さい病院は楽チンだと思われがちだと思いますが、大きい病院にはない悩みやストレスがあると思います。

本当にお疲れさまです。

それなのに小さい病院は給料が安くて、どこの病院だって同じようなストレスはあるんだろうから、それならいっそ給料が高い大きい病院に転職しようかなと考えたことはありませんか?

スキルアップや、最先端の医療、看護を学ぶために小さい病院から大きい病院へ転職し、高い給料もゲットしたい!という人は大きい病院への転職はオススメです。

しかし、ただ単に高い給料を求めて大きい病院に転職すると、小さい病院と大きい病院との違いに悩まされ、失敗してしまうかもしれません。

そんなあなたに朗報です!

意外にも給料の高い小さい病院はたくさんあるんです!

残念ながら、今あなたがいる病院の給料が低いだけなんです。

大きい病院には大きい病院の様々なストレスがあります。

それならば、ストレスの少ない、でも給料の高い小さい病院に転職した方がお得だと思いませんか?

小さい病院から大きい病院への転職を考えているあなた!

その転職、少し見方を変えて、正しい情報を基に考え直してみませんか?

看護師が小さい病院から大きい病院への転職を考える理由はコレだ!

  1. 小さい病院ってこんなとこ!
  2. 小さい病院で働く看護師は、給料に不満がある!

小さい病院ってこんなとこ!

小さい病院は、重症の患者さんはあまりいないことが多いため、穏やかにゆったり働くことができると思います。

地域のかかりつけ医院として患者さんや家族との距離が近く、アットホームな雰囲気のなかで看護できるのも魅力のひとつです。

看護助手がいなかったり少なかったりするため、雑用も看護師の仕事であったりしますが、自分でいろいろ工夫したり考えたり、組み立てながら仕事できる楽しさもあると思います。

しかし、小さい病院は楽チンだと思われがちですが、看護師の数が少なくて実はバタバタ忙しい設備が整っていないために患者さんに何かあってもすぐに対応できいなど、大きい病院とは違った意味で大変なこともたくさんあると思います。

古株の看護師がいて、新しいやり方を受け入れないためにずっと古いケアをしているなど、やりづらさを感じたり、スキルアップできないと感じることもあるでしょう。

看護師の数が少ないので一人嫌な人がいると精神的にきつかったり、異動したくても病院内の診療科が少なくて逃げ場がない、なんてこともあるかもしれません。

小さい病院で働く看護師は、給料に不満がある!

いろいろなストレスを感じながら一生懸命働いているのに、今いる小さい病院は給料が安くて、がっかりしてしまうことがあると思います。

そんなとき、大きい病院にもいろんなストレスはあるだろうけど、同じようにストレスを感じながら働くなら給料が高い大きい病院に転職しようかなと小さい病院から大きい病院への転職を考える看護師は多いと思います。

しかし!それはちょっと違います!

確かに大きい病院は基本給は高いのですが、夜勤手当などは小さい病院のほうが高いという統計があるんです!

今いる小さい病院の給料が安いのは、運悪くあなたの病院がそうだっただけで、実は他の小さい病院はもっと給料が高いんです!

もしあなたが、給料面だけを考えて小さい病院から大きい病院に転職しようと考えているのなら、働き慣れた小さい病院と同じ規模の小さい病院の中から、給料の高い病院を探すという方法もあります。

スキルアップしたい、最先端の医療を学んでみたい、そして高い給料ももらいたい!という人は大きい病院へ転職するのがいいと思います!

小さい病院と大きい病院の給料事情

さて、では本当に小さい病院のほうが給料が高いんでしょうか?疑わしいですよねぇ?

日本看護協会の「2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査」をもとに、大きい病院と小さい病院の、給料事情についてみていきましょう。

今回は400床以上の病院を大きい病院、200床未満の病院を小さい病院として、比較してみます。

  1. 基本給
  2. 夜勤手当
  3. まとめ

基本給

非管理職の平均基本給です。病院全体での平均は323,298円です。

  • 99床以下 :299,455円
  • 100~199床:310,823円
  • 400~499床:353,095円
  • 500床以上 :374,077円

夜勤手当

三交代制の病院の準夜勤、深夜勤の平均額、二交代制の病院の夜勤手当の平均額についてみていきます。

  1. 三交代制の準夜勤の手当
  2. 三交代制の深夜勤の手当
  3. 二交代制の夜勤手当
  4. 当直手当
  5. 調整手当

三交代制の準夜勤の手当

病院全体での平均は3,812円です。

  • 99床以下 :3,966円
  • 100~199床:4,073円
  • 400~499床:3,425円
  • 500床以上 :3,329円

三交代制の深夜勤の手当

病院全体の平均は4,635円です。

  • 99床以下 :4,913円
  • 100~199床:5,052円
  • 400~499床:4,091円
  • 500床以上 :3,929円

二交代制の夜勤手当

病院全体の平均は10,119円です。

  • 99床以下 :10,857円
  • 100~199床:10,720円
  • 400~499床:8,614円
  • 500床以上 :7,807円

当直手当

病院全体の平均は7,321円です。

  • 99床以下 :7,062円
  • 100~199床:7,578円
  • 400~499床:6,014円
  • 500床以上 :6,159円

調整手当

調整手当とは、小さい病院でつく手当で、個人の能力や評価によって給料を調整するための手当です。

大きい病院は看護師の人数が多いので、能力や評価の高い看護師もたくさんいます。一方、小さい病院は看護師の人数が少ないので、能力や評価の高い看護師も少ないことが多いのです。

ベテラン看護師はいるでしょうが、必ずしもベテラン看護師だから能力や評価が高いとは限りませんからね。

そのため小さい病院は、調整手当をつけることによって、何とかして能力や評価が高い看護師に自分のところで働いてもらおうとするのです。

調整手当がつく場合、平均は1万円くらいですが多いと5万円もつく病院もあります!そして、病院によってはつかないこともあります。

まとめ

どうですか?基本給では、やはり大きい病院の方が高いという結果でしたね。

しかしその他の手当では小さい病院の方が高いではありませんか!これが正しい情報です!あなたの病院と比べてどうでしょうか?

もし平均より安いのであれば、大きい病院でなくても、働き慣れた小さい病院でもっと給料の高い病院を探してみてもいいと思います。

そして、その際は調整手当の高い小さい病院を探すといいでしょう。月に数万円のプラスは大きいですよね!

もっと高い給料をゲットしたい、もっとスキルアップしたい、というのであれば大きい病院がいいでしょう。

しかし、それならば大学病院や総合病院のような大きい病院に標的をしぼるべきです!

大学病院クラスの大きい病院であれば、看護師の給料の高さはお墨付きですが、中途半端な大きい病院だと、給料も中途半端な結果に終わってしまうことが予想されるからです。

看護師が小さい病院から大きい病院へ転職するときに注意すること!

じゃあスキルアップも兼ねて、大学病院クラスの大きい病院に挑戦してみよう!と思った矢先に申し訳ないですが、大学病院などの大きい病院では年齢制限があることがあります。

これは、大きい病院は最先端の医療を提供するために常に学習が必要であること、患者さんの数が多くとても忙しいことなどから、年齢が高いと、体力的に大丈夫かな?知識や技術をしっかり習得できるかな?と不安に思われてしまうためなんです。

じゃあ私は大きい病院への挑戦は無理そうだな…と思ったあなた!それがそうでもないんですよ!

全ての大きい病院に年齢制限があるわけではないので、年齢制限のない病院、もしくは年齢制限のゆるい病院を探せばいいんです。

  1. 給料が高ければ問題なし?
  2. そんな病院見つかるの?と不安な看護師に強い味方をご紹介!

給料が高ければ問題なし?

給料の高い小さい病院を探すか、スキルアップも兼ねて超大規模病院に挑戦するか、今後の進路が少し具体的になってきたでしょうか?

そこでちょっと最初に戻って考えてみましょう。

そもそも、今の小さい病院には様々なストレスがあるために、小さい病院から大きい病院への転職を考えたんですよね?

それなのに給料の高さだけを追求して、ストレスについては無視して病院選びをして大丈夫でしょうか?

どんな病院でも看護師として働く以上、多少のストレスはあるでしょうが、だからと言って、ストレスがあるのは仕方ない!働いてみなきゃわかんない!とリサーチしないまま、病院を決めてしまっていいのでしょうか?

とにかく給料が高ければいい!サービス残業が多く、人間関係が悪くてもドンと来い!という人はいいのですが、多くの人は残業の程度や人間関係なども気になると思います。

なるべくストレスになるものは少ないほうがいいですよね?

そこを無視して給料の高さだけを重視して大きい病院へ転職してしまったら、結局ストレスが多くてしんどい!給料が安くても小さい病院のほうがよかった!と後悔してしまうかもしれません。

ですので、ストレスの少ない病院を探すことが重要なんです!

そんな病院見つかるの?と不安な看護師に強い味方をご紹介!

と言っても、ストレスの少なく給料の高い小さい病院、もしくはストレスが少なく年齢制限のない大きい病院を探すというのは、口で言うほど簡単ではないですよね。

どうしよう、何を調べれば書いてあるのかな?ひとつひとつ電話しなきゃダメかな?と途方に暮れてしまったあなたには、転職サイトに登録してみることをオススメします!

転職サイトの転職コンサルタントは、看護師の転職について知り尽くしています。正しい情報をたくさん知っているんです!

ストレスが少なくて給料の高い小さい病院で働きたい、ストレスが少ない大きい病院で働きたい、という看護師に、お望み通りの病院を探してくれますよ!

<ストレスの少ない小さい病院、大きい病院で働きたい!という人はコチラ!>

給料アップ、スキルアップのために小さい病院から大きい病院に挑戦したい!という看護師には、給料の高い大きい病院を紹介してくれます。

<大きい病院で、給料もスキルもアップさせたい!という人はコチラ!>

大きい病院に挑戦したいけれど年齢制限が気になるという看護師には、年齢制限のない病院や非公開求人を紹介してくれます。

<年齢制限のない大きい病院はどこか知りたい!という人はコチラ!>

また、働き慣れた小さい病院と同じ規模の小さい病院で給料や手当の高い病院を探したいという看護師には、そのような病院を紹介してくれます!

<給料や手当の高い小さい病院を探したいという人はコチラ!>

看護師が小さい病院から大きい病院への転職を考えたときは、まず転職コンサルタントに相談しよう!

いかがでしたか?

小さい病院で働く看護師には、様々なストレスがあると思います。

そのため、同じようにストレスを感じながら働くなら、給料の高い大きい病院に転職しようと思うことがあるでしょう。

しかし、意外にも小さい病院のほうが夜勤手当など高いことがわかりましたよね。

なので、働き慣れた小さい病院と同じ規模の小さい病院で、給料や手当のいいところを探すもよしより給料アップ、スキルアップを目指して大きい病院を探すもよし、それぞれに合った病院を探してみてください!

そして、ぜひ転職コンサルタントに病院選びを手伝ってもらいましょう。それぞれの希望に合った、そしてストレスの少ない病院を、正しい情報を基に必ずや探してくれるはずです!

転職コンサルタントを味方にすれば、あなたの転職は間違いなく成功します!

あなたの小さい病院から大きい病院への転職、もしくは小さい病院から小さい病院への転職が上手くいくよう、私も応援しています。

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富で安心できる看護師転職サイトです。あなたにあった求人を選んでくれるので、まずは相談しましょう。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も利用者満足度が高く、おすすめです。ナース人材バンクと併用することで、より的確な情報をつかむことができます。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる