看護師の大きい病院から小さい病院への転職は、給料面も欲張るべし!

看護師の大きい病院から小さい病院への転職は、給料面も欲張るべし!

こんにちは!ママナースあつ子です。

毎日の業務お疲れさまです。

特に!大きい病院で働いている皆さん、毎日ドタバタと忙しいでしょう。

本当にお疲れさまです。大きい病院で働くのは体力的にも精神的にもしんどくて、大きい病院から小さい病院に転職しようかな、でも小さい病院は給料が安いだろうから、それならどこでもいいからとことん楽チンな小さい病院にいこうかな、と思っているあなた!

「小さい病院=給料が安い、楽チン」というのは、必ずしも当てはまるわけではないんですよ。

小さい病院でも給料や手当の高い病院はあります!

楽チンならどんな病院でもいいなんて言わず、給料や手当の充実した病院を探してみませんか?

今回は、大きい病院から小さい病院への転職を考えている看護師さん、必見ですよ!

看護師が大きい病院から小さい病院への転職を考える理由はコレだ!

大きい病院で働く看護師が、小さい病院への転職を考えるのはどんなときなんでしょうか。

  1. 大きい病院ってこんなとこ!
  2. 大きい病院で働く看護師は、身体的にも精神的にも疲れている!

大きい病院ってこんなとこ!

大学病院や総合病院などの大きい病院は、最先端の医療を扱っています。そのため最先端の知識や技術を身に付けることができます。

病床数が多いためたくさんの症例を経験することができ、看護師としての判断力や応用力なども養われるでしょう。

また、一般的に大きい病院は給料が高いことが多いですし、周囲の認知度も高く「あんな大きい病院で働いてるなんてすごい!」と言われたりして、優越感に浸れることもあると思います。

大きい病院で働く看護師は、身体的にも精神的にも疲れている!

しかし、大きい病院で働くのは、良いことばかりではありません。

最先端の医療を扱うということは、看護師も常に最先端の知識や技術についての学習が必要となります。

そのため業務時間外に勉強会に参加したり、看護研究に取り組んだりしなければなりません。

また、患者さんの入退院が多いため入れ替わりが激しく、いつもドタバタ忙しいため、身体的にしんどいなぁと思うこともあるでしょう。

看護師の数も多いために派閥ができてしまって居心地が悪かったり、気の合わないスタッフがいたり、人間関係に悩まされている人も多いと思います。

そんな大きい病院が嫌になり、小さい病院って身体的にも精神的にも楽チンなんだろうなぁと大きい病院から小さい病院への転職を考えることが多いのではないでしょうか。

でも、小さい病院って給料とか手当は低いんだろうなぁ、それならとことん楽チンで人間関係とかが煩わしくない小さい病院で働こうかな、と思っていませんか?

その転職、ちょっと待ってください!

小さい病院だからといって、給料や手当が低いなんて諦めることないんですよ!

なぜって、小さい病院でも給料や手当の高い病院はあるんですから!

大きい病院、小さい病院の給料事情

では、ほんとに給料や手当の高い小さい病院なんてあるのか?と疑っているあなたのために、日本看護協会の「2012年 病院勤務の看護職の賃金に関する調査」をもとに、大きい病院と小さい病院の、給料事情についてみていきましょう。

今回は400床以上の病院を大きい病院、200床未満の病院を小さい病院として、比較してみます。

  1. 基本給
  2. 夜勤手当
  3. まとめ

基本給

非管理職の平均基本給です。病院全体での平均は323,298円です。

  • 99床以下 :299,455円
  • 100~199床:310,823円
  • 400~499床:353,095円
  • 500床以上 :374,077円

夜勤手当

三交代制の病院の準夜勤、深夜勤の平均額、二交代制の病院の夜勤手当の平均額についてみていきます。

  1. 三交代制の準夜勤の手当
  2. 三交代制の深夜勤の手当
  3. 二交代制の夜勤手当
  4. 当直手当
  5. 調整手当

三交代制の準夜勤の手当

病院全体での平均は3,812円です。

  • 99床以下 :3,966円
  • 100~199床:4,073円
  • 400~499床:3,425円
  • 500床以上 :3,329円

三交代制の深夜勤の手当

病院全体の平均は4,635円です。

  • 99床以下 :4,913円
  • 100~199床:5,052円
  • 400~499床:4,091円
  • 500床以上 :3,929円

二交代制の夜勤手当

病院全体の平均は10,119円です。

  • 99床以下 :10,857円
  • 100~199床:10,720円
  • 400~499床:8,614円
  • 500床以上 :7,807円

当直手当

病院全体の平均は7,321円です。

  • 99床以下 :7,062円
  • 100~199床:7,578円
  • 400~499床:6,014円
  • 500床以上 :6,159円

調整手当

その他、調整手当というものもあります。これは、小さい病院でつく手当です。

大きい病院は看護師の人数が多いため、能力や評価の高い看護師もたくさんいます。

しかし、小さい病院では能力や評価が高い看護師は少ないことが多いです。

そのため小さい病院は、能力や評価の高い看護師にどうにか自分のところで働いてもらいたい!と思うわけです。

そこで、調整手当をつけて能力のある看護師を呼び込むのです。

調整手当の平均は約1万円ですが、5万円という病院もあるんです!

その一方で、調整手当を支給していない病院もあります。

まとめ

基本給では、やはり大きい病院に軍配が上がりました。

しかし、夜勤手当や当直手当では小さい病院のほうが上回っています!

看護師の給料の良し悪しは、各種手当によって決まると言っても過言ではないので、小さい病院でも手当がしっかりつけば、大きい病院とそこまで大差がつかないかもしれません!

特に調整手当が多くつく小さい病院であれば、大きい病院に匹敵する給料をゲットできるかもしれませんよ!

なので、小さい病院だからといって、給料のことは諦めよう、なんて思わなくていいんです!

むしろ、もっと欲張っていいんです!

看護師の大きい病院から小さい病院への転職、もっともっと欲張ろう!

大きい病院から小さい病院に転職したら、どうせ給料は安くなるんでしょ、なんて早とちりしなくてよかったー!と思ってもらえましたか?

私も大きい病院で働いていました。

夜勤手当は、まさに平均額と同じくらいだったので、小さい病院だったら同じ夜勤でプラス3000円かぁー!

10数年働いて、総額でいくらプラスだったのかなぁ…なんて考えてしまいました。

しかし、各種手当の額が給料の良し悪しを決めるとはいえ、やはり基本給が低すぎては元も子もありません。

基本給があまりにも低い場合、どんなに調整手当などがよかったとしても、給料としては低くなってしまうでしょう。

なので、大きい病院から小さい病院へ転職する場合、どうせどこも安いんでしょ、と諦めるのではなく、基本給や手当の低い病院を選ばないように注意しなければならないんです。

  1. 小さい病院でも、人間関係や忙しさは要チェック!
  2. 看護師の転職には強い味方がいる!

小さい病院でも、人間関係や忙しさは要チェック!

では、給料も手当も高い小さい病院ならどこでもオッケーでしょうか?

人間関係や忙しさなども重要ですよね?

人間関係に悩まされたり、バタバタ忙しいのは大きい病院だけではありません。

大きい病院は看護師の人数が多いため、苦手な看護師がいたとしてもシフトが合わなければ、しばらく一緒に勤務することがなかったりしますよね。

ですが、小さい病院だとそうはいかないかもしれません。

看護師の人数が少ないので、一人でも苦手な看護師がいると精神的にはつらいこともあると思います。

また小さい病院でも忙しい病院はたくさんあります。

小さい病院では、看護助手がいなかったり少なかったりすることがあり、そういう病院では看護師が雑用などもやらなくてはならないため、当然仕事量が増えます。

大きい病院にいたときはこんな仕事してなかったのに!と嫌になってしまうこともあるかもしれません。

なので、小さい病院への転職は給料がよければオッケーではなく、人間関係や忙しさなどもきちんと確認しておく必要があります。

看護師の転職には強い味方がいる!

しかし、基本給がそこそこ高く、各種手当もよく、さらには人間関係も良好であまり忙しくない小さい病院を探す、というのは簡単ではありません。

特に、今とても忙しい大きい病院で働いているあなたにとって、せっかくのリラックスできるプライベートな時間を病院探しに費やすのは、もったいないことだと思います。

そんなあなたにオススメなのは、転職サイトの転職コンサルタントに病院探しを任せてしまうことです!

転職コンサルタントは、看護師の転職について知り尽くしています。プロなんです!

求人情報には載っていない情報もたくさん知っています。

先ほどお話しした調整手当についても、もちろん把握しています。

調整手当の有無や額は、給料に大きく影響しますから、できるだけ高いところを狙いたいですよね!

調整手当も含め金銭面や、人間関係、忙しさなど、あなたの希望に合った病院を、転職コンサルタントは探してくれます。

忙しいあなたに代わって、あなたの大きい病院から小さい病院への転職をお手伝いしてくれますよ!

<給料が高く、その他にもいろいろこだわって小さい病院を選びたい!という人はコチラ!>

看護師の大きい病院から小さい病院への転職は、転職コンサルタントを味方につけよう!

いかがでしたか?

大きい病院で働いていると、最先端の知識や技術を身に付けられ、応用力や判断力も養われ、看護師として大きく成長できる一方、人間関係や体力面など、大変なこともたくさんあるでしょう。

そんなとき、「給料は安くてもいいから楽チンな小さい病院に転職しよう」というのは間違っています!

正しくは「給料が高くて楽チンな小さい病院に転職しよう!」です。

給料が高くて、人間関係や体力面も申し分ないのであれば、すぐにでも大きい病院から小さい病院へ転職したいですよね!

そんな病院を探し出してくれるのが転職コンサルタントです。

あなたがよりよい病院でキラキラ働けるように、転職コンサルタントにあなたの希望や思いをたくさん話してください。

看護師の転職のプロが、あなたの希望をきっと叶えてくれるでしょう!

あなたの大きい病院から小さい病院への転職が成功するよう、私も応援しています!

看護師転職サイトのおすすめ

【1位】:ナース人材バンク

オススメ度:★★★★★★
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクは実績豊富で安心できる看護師転職サイトです。あなたにあった求人を選んでくれるので、まずは相談しましょう。

【2位】:マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★☆
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師も利用者満足度が高く、おすすめです。ナース人材バンクと併用することで、より的確な情報をつかむことができます。

こちらもおすすめ

コメントは受け付けていません。

ページのトップへもどる