看護師の試用期間の延長、解雇は良いことかも!?対処法で見極めよ!

看護師の試用期間の延長、解雇は良いことかも!?対処法で見極めよ!

こんにちわ!ママナースあつ子です。毎日の業務お疲れさまです。

 

「看護師が試用期間に解雇されるなんてことあるの?」

「試用期間延長って言われたけど、クビってこと?どうしたらいいの?」

とお困りの看護師さん!

 

実は、看護師が試用期間を延長されることや、試用期間で解雇されることってあるんです。

試用期間の延長は、必ずしもクビになるということではありませんが、絶対違うとも言い切れません。

 

試用期間を延長されたり、解雇されたりすると、「これからどうなるの?」「解雇された私を採用してくれる病院なんてあるの?」と不安になりますよね。

もしくは「どういうこと!?」と怒り心頭になるかもしれません。

 

でも、落ち着いてください!

試用期間の延長や解雇は、実はあなたにとって良いことかもしれないんです。

 

試用期間の延長や解雇は何を意味するのか、そのときあなたは何をするべきなのか紹介します。

「解雇されるなんて良いことなわけないじゃん!」と思わずに、読んでみてくださいね。

 

看護師の試用期間の延長や試用期間での解雇は、あなたにとって良いことかも!

 

看護師が試用期間を延長されたり、試用期間でクビになると「私の何がダメだったのかな?」「そんなに使えなかった?」と能力不足を疑って自信を失くしたり、不安になったりすると思います。

 

試用期間はあなたの勤務態度や能力、健康面のチェックをするための期間ですが、普通に働いていれば本採用になると思っている人がほとんどでしょう。

 

私もそうでしたから。

 

なので試用期間延長や、まさかのクビになったら、驚きや怒りや不安でごちゃごちゃになって、どうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。

 

試用期間は、病院側からしたら本採用後よりも解雇しやすいので、試用期間終了とともにクビになることがあるんです。

そして試用期間の延長も違法ではありません。

 

しかし、本来はどちらも正当な理由がなければなりません。

 

あなたが普通に働いていたのに、解雇されたり試用期間を延長された場合、そこはブラック病院である可能性が高いんです。

 

だから、試用期間での解雇や延長は、あなたにとって良いことなんですよ!

ブラックな職場であることを見破り、離れられるチャンスになるからです!

 

では次に、看護師が試用期間にクビになったり延長されたりしたときに、ブラックな職場か見破るために、あなたは何をするべきかお話ししましょう。

 

 

看護師が試用期間に解雇された!あなたがするべき4つのこと

 

看護師が試用期間で解雇されたとき、あなたは何をするべきなのか、こちらです!

 

  • 解雇の理由を確認する
  • 解雇予告手当をもらう
  • 労働基準監督署に相談する
  • 転職活動を始める

 

解雇の理由を確認する

まずはなぜクビになったのか理由を聞きましょう。

試用期間中とは言え、正当な理由がないと解雇することはできません。

 

入職14日以内は即日解雇も可能ですが、その場合でも正当な理由でなければなりません。

正当な理由とは以下のようなものです。

 

  • 遅刻や欠勤が多いなど、勤務態度が悪い
  • 病気などでほとんど出勤できなかった
  • 履歴書に嘘があった

 

これらの理由に覚えがないのに、無理やり理由をこじつけてクビにされるようなときは、その職場はブラックである可能性が非常に高いです!

 

そんな職場で働き続けたら、この先もっと理不尽な扱いを受けるかもしれませんので、「クビになって良かった」と切り替えて次に進みましょう!

 

解雇予告手当をもらう

採用側は、試用期間開始から14日以内であれば即日解雇が可能です。

しかし、それ以降は30日以上前に解雇を予告するか、予告しない場合は解雇予告手当として30日分の給料がもらえます。

 

ブラックな職場だと、解雇予告手当の申請方法などをわざわざ教えてくれないこともありますから、自分からしっかり手続きをしましょう!

 

労働基準監督署に相談する

納得できないからと言って、解雇撤回要求の裁判をして訴えようなんてことはあまりオススメできません。

労力のわりにあなたにプラスになることが少ないからです。

 

それならば、労働基準監督署に相談するのがいいですよ。

 

「こんな理由でクビになった」「即時解雇されたのに解雇予告手当をもらえなかった」など相談すれば、監査が入ってその職場は痛手を負うからです。

そして解雇予告手当を出し渋るようなこともなくなるはずです。

 

転職活動を始める

試用期間での解雇は精神的に大きなダメージになりますが、スッパリ割り切って転職活動を始めましょう。

 

そのとき「試用期間でクビになったなんて隠しておきたいな…」と思うかもしれませんが、履歴書にきちんと書いて次の職場にも申告する必要があります。

 

詳しくはこちらを読んでくださいね。

看護師が試用期間中に即時退職できる辞め方、次の履歴書の書き方!

 

同期の経験談

初めての転職で、試用期間終了とともに解雇された同期がいます。

 

少し気が弱く、自信もないタイプの子だったので、解雇を言い渡されたとき、ただただショックで何も言えなかったそうです。

「私のデキが悪かったんだ」と納得してしまい、おとなしく辞めてしまいました。

 

後々、解雇予告手当というものを知り、理由を聞いてもよかったんだということを知り、悔しがっていましたが、そんな病院なら辞めてよかったと言っていました。

 

 

看護師が試用期間を延長された!あなたがするべき3つのこと

 

看護師が試用期間を延長されたときには、何をするべきなんでしょうか。

そもそも、試用期間の延長自体は違法ではありません。

 

  • 就業規則に記載がある
  • 正当な理由がある
  • 事前に通知し、お互いに合意している

 

これらの場合は試用期間を延長することができるんです。

まずは、就業規則に「試用期間を延長することもある」と記載されていることが大前提で、その上で、解雇のところでも言った以下のような正当な理由があるときは試用期間の延長は認められています。

 

  • 遅刻や欠勤が多いなど、勤務態度が悪い
  • 病気などでほとんど出勤できなかった
  • 履歴書に嘘があった

 

そして、これらの正当な理由で本採用までもう少し見極めたいと、試用期間終了までに施設側から要望があり、看護師側も納得すれば、試用期間の延長は違法ではありません。

 

これを踏まえて、試用期間を延長されたときには何をするべきか、それはこちらです。

 

  • 就業規則、延長の理由、期間を確認する
  • 転職活動を始める

 

就業規則、延長の理由、期間を確認する

まずは就業規則を確認し、延長についての記載があるか確認しましょう。

そして、延長の理由は何か聞いてください。

 

就業規則に記載があり、事前に通告があり、理由も納得できるものであれば、どのくらい延長になるのか期間を確認してください。

 

試用期間は1ヶ月〜6ヶ月くらいが一般的で、長くても1年までとされていますので、延長期間も含め1年を超えるようであれば不当な延長です。

その職場はブラックかもしれません。

 

延長期間をきちんと定めること、延長は1度までという決まりもあるのできちんと確認しておきましょう。

 

転職活動を始める

延長されたからと言って必ず解雇されるわけではありませんし、正当な延長であれば問題はありません。

 

しかし、不当な延長を要求された場合や、延長期間満了後に不当に解雇された前例があるような職場の場合は要注意です。

安く雇える試用期間をめいっぱい延長して、終わったらクビにしようなんていう悪徳病院かもしれません!

 

試用期間を延長されて不信感があるなら、転職してもいいと思います。

もしあなたの職場がブラック病院だったら、不信感を抱いたまま頑張って続けても、良いことは何もありませんからね。

 

「まだ試用期間中なのに?辞められるの?」と思うかもしれませんが、試用期間中でも辞められるんですよ!

「辞められるなら今すぐ辞めたい!」という看護師さんはこちらも読んでみてくださいね。

看護師が試用期間中に即時退職できる辞め方、次の履歴書の書き方!

 

先輩の経験談

一緒に働いている先輩が以前働いていた病院で、試用期間を延長されたことがあるそうです。

 

理由を聞くと思い当たることもあり、納得して延長したそうですが、結局6ヶ月の試用期間の後にさらに6ヶ月延長され、延長期間満了後に解雇されました。

 

後々聞いたら、試用期間延長後の解雇が度々ある職場だったそうで、腹が立って労働基準監督署に言いつけたと言っていました。

 

今は「あんな職場クビになってよかった!」と言っています。

 

 

看護師が試用期間で解雇されたり、試用期間を延長されたら転職サイトに相談しよう!

 

看護師が試用期間で解雇されたり、試用期間を延長されて転職を考えているときは、看護師の転職サイトを利用してください。

 

自分が選んだ職場が、試用期間で解雇するようなブラック病院だったら、自分の能力不足も疑い自信を喪失して、その後の職場選びは相当悩むと思います。

「またブラックだったら…」と思うだけで怖いですよね。

何を見ても信じられなくなってしまうかもしれません。

 

そして「試用期間でクビになったり、延長されたからって辞めた私を、採用してくれる病院なんてあるの?」という不安もあるでしょう。

 

そこで頼れるのが看護師の転職サイトなんです!

看護師の転職サイトは看護師の転職のプロなので、試用期間で不当に解雇したり、不当に延長したりする職場の情報も把握していて、そんな職場に就職させようとすることはありません。

 

そして試用期間中に解雇されたり、延期されたので退職しても採用してもらえるようにしっかりフォローしてくれるので、安心して転職活動をすることができますよ!

 

看護師の転職サイトについて知りたい人はコチラへ!

 

 

まとめ

 

看護師の試用期間での解雇、試用期間の延長はあなたにとって良いことかもしれないこと、そのときの対処法についてみてきましたが、いかがでしたか?

 

看護師の試用期間中の解雇や延長は、正当な理由があれば違法ではありません。

試用期間で解雇されたり延長されたからと言って、必ずブラックな病院だというわけではないので、紹介した対処法を試して見極めてください。

 

その結果、正当な理由や方法ではなかったことがわかった場合、そこは悪徳な職場かもしれません。

 

そんなときは転職することをオススメします。

「まだ試用期間なんだけど…」とか「悔しいから居座ってやる!」と思うかもしれませんが、そんな職場で働いていても、あなたにプラスになることはないでしょう。

 

看護師の転職サイトに相談して、試用期間で不当な解雇をしない、不当な延長をしない職場を紹介してもらいましょう!

 

「あんな職場、解雇されて良かった!」と気持ちを切り替えて、また看護師として自信をもって働けるよう私も応援しています!

 

 

看護師転職サイトのおすすめ

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は実績豊富で安心できる看護師転職サイトです。あなたにあった求人を選んでくれるので、まずは相談しましょう。利用者満足度も高く、おすすめです。

ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績豊富なため大変参考になるアドバイスが貰えます。マイナビ看護師との併用がオススメ。

こちらもおすすめ

運営者情報 | 看護師進路相談所とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる