看護師が寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ注意点8つ!

こんにちわ!ママナースあつ子です。毎日の業務お疲れさまです。

寮や借り上げ住宅ありの求人を探している看護師さんはいませんか?

私も病院の寮に住んでいたことがありますが、ほかの病院に勤める友達の話を聞くと、寮や借り上げ住宅と言ってもいろいろな注意点・パターンがあることがわかりました。

転職に失敗しないためにも、

看護師が寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ時の注意点8つを教えしますよ!

 

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人の注意点①:家賃は妥当か

看護師が寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ時の注意点は、家賃は妥当かどうかです。

病院の寮なら、家賃は格安だと思い込んでいませんか?

確かに、一般的に病院の寮は自分で賃貸住宅を借りるよりも家賃は安くてお得です。

でも、寮の中には「意外と家賃が高い」というところもあるんです!

都心や繁華街近くにある病院の寮は、家賃が5~6万円するものもあります。

もちろん、周辺の家賃相場よりは2~3万円安いことが多いですが、「この家賃なら、自分で選んだマンション・アパートに住んだほうが良いかも」と思えるケースもあるんです。

また、住宅手当が手厚い病院の場合、寮に住んだ場合でも、住宅手当をもらって自分で探したマンション・アパートに住んだ場合でも、自己負担額はほぼ同じというケースもあります。

だから、看護師が寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶなら、寮の家賃は妥当かどうかを調べておくと良いでしょう。

 

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人の注意点②:年齢や期間 などの条件

看護師が寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ注意点の2つ目は、入寮条件です。

入寮条件は病院によって異なります。

希望すれば誰でも寮に入ることができる病院もありますが、入寮条件が設けられていることもあります。

入寮条件の一例をご紹介しましょう。

  • 新卒のみ
  • 30歳未満のみ
  • 遠方者のみ

また、入寮期間が決められていることもありますので、条件はきちんと確認しておくようにしてください。

 

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人の注意点③:家族寮はあるか

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ時には、家族寮があるかも調べておきましょう。

ほとんどの病院では、「寮=単身寮」ですが、家族寮(社宅・世帯寮)が用意されている病院もあります

遠方から家族で引っ越してくる看護師さんは家族寮がある病院の求人を探すと、引っ越しに際しての物件探しの手間が省けますし、家賃も節約できます。

 

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人の注意点④:男性は入寮できるか

看護師が寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ時には、男性は入寮できるかどうかを確認しましょう。

世の中は男性看護師が増えてきていますが、女性専用の寮しかない病院もあります

だから、男性看護師は男性でも寮に入れるかどうかを確認しておく必要があるんです。

逆に、「いくら職場の人でも男性と同じ寮に住むのは、なんとなく不安・・・」という看護師さんは女性専用寮の病院の求人を探すと良いですね。

 

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人の注意点⑤:寮の場所(病院との距離)

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ注意点の5つ目は、病院と寮の位置関係です。

「病院の寮=病院のすぐ近く」と思い込んでいませんか?

「寮・借り上げ住宅あり」と書かれていても、その病院の関連病院の近くに寮があり、その病院と寮は車で20分も離れているというケースがあります。

そんなに離れているなら、通勤するのに不便ですから、寮に入るメリットが少なくなってしまいます。

逆に、「病院の敷地内に寮がある」、「病院の建物内に寮がある」というケースも注意しましょう。

病院の敷地内に寮があれば、通勤には非常に便利です。

でも、オンオフのメリハリをつけることが難しいことが多いです。

自宅(寮)にいても、夜中に救急車のサイレンが聞こえてきて、リラックスすることができないということもあります。

だから、寮・借り上げ住宅の求人を選ぶ時には、寮と病院の位置関係を調べてくださいね。

 

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人の注意点⑥:駐車場の有無

看護師が寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ注意点の6つ目は、駐車場の有無です。

これは、車社会のエリアで働く看護師さん向けの注意点です。

いくら病院の敷地内に寮があって、通勤に車は必要なくても、日常生活で車が必要なのに、寮に駐車場がなかったら困ります。

自分で寮の近くに駐車場を探さなくてはいけません。

車が必要なエリアで働く看護師さんや、自分の車を持っている看護師さんは、寮に駐車場があるか、駐車場代はいくらかを確認してください。

 

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人の注意点⑦:病院の寮か一般賃貸か

看護師が寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ注意点の7つ目は、「寮・借り上げ住宅」は病院の寮なのかどうかです。

アパート・マンションを一棟丸々病院が所有、もしくは借り上げていて、それを職員の寮として使用しているケースのほかに、病院近くにある一般の賃貸アパート・マンションの一室を病院名義で借り上げて、それを職員が使うというケース(借り上げ住宅)もあります。

一般の賃貸アパート・マンションの一室を病院名義で借り上げて、それを職員が使う借り上げ住宅の場合、病院が指定した地域・予算の中であなたが物件を見つけてきてその物件を病院が契約するケースや病院と提携している不動産会社が病院指定のエリア・予算に遭う物件をあなたにいくつか提示して、その中からあなたが1つ選択するというケースがあります。

自分好みのマンション・アパートに住みたいという人は、一般賃貸の一室を病院名義で借りる借り上げ住宅の求人を探してみると良いですよ。

 

看護師の寮・借り上げ住宅ありの求人の注意点⑧:満室ではないか

看護師が寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ時の注意点の8つ目は、満室ではないか?です。

いくら理想的な寮がある病院の求人が見つかっても、その寮が満室なら、希望しても寮に入ることができません。

十分な部屋数がある寮を持つ病院もありますが、職員の数に対して寮の部屋数が少ない病院もあり、常に満室状態というところもあるんです。

だから、寮・借り上げ住宅ありの求人を探す時には、求人に申し込む前に、寮に空室はあるか?希望すれば、寮に入ることができるかを確認しましょう。

 

まとめ

転職を決めたあなたは、看護師転職サイトを利用しましょう。

看護師が・寮・借り上げ住宅ありの求人を選ぶ時の注意点8つは、自分で調べるのはなかなか難しいです。

でも、看護師転職サイトなら、あなたに代わって担当者がすぐに調べてくれますので、調べる手間が省けます。

しかも、看護師転職サイトは寮・借り上げ住宅以外にも、あなたの希望条件に合う求人をピックアップしてくれますので、簡単に転職ができるんです。

看護師転職サイトのおすすめ

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は実績豊富で安心できる看護師転職サイトです。あなたにあった求人を選んでくれるので、まずは相談しましょう。利用者満足度も高く、おすすめです。

ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績豊富なため大変参考になるアドバイスが貰えます。マイナビ看護師との併用がオススメ。

こちらもおすすめ

運営者情報 | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる