看護師の再就職手当はハローワーク以外で病院探しをしてもらおう!

看護師の再就職手当はハローワーク以外で病院探しをしてもらおう!

こんにちわ!ママナースあつ子です。毎日の業務お疲れさまです。

看護師の再就職手当は、ハローワーク以外で見つけた病院への就職でももらえることを知っていますか?

 

「再就職手当や失業保険=ハローワーク」というイメージが強すぎて、ハローワークで紹介された病院への就職じゃないと、再就職手当はもらえないものだと思い込んでいる看護師さんが多いんじゃないでしょうか?

 

しかし一定の条件をクリアしていれば、再就職手当はハローワーク以外で紹介された病院への就職でも受け取ることができます。

そして、それならば看護師はハローワーク以外で就職活動をするのがオススメなんですよ!

 

「どういうこと?」と気になるあなたも「そもそも再就職手当って何?」というあなたも、ぜひぜひ読んでみてくださいね。

看護師の再就職手当はハローワーク以外で就職してももらえるってどういうこと?

看護師の再就職手当は、ハローワーク以外で紹介された職場への就職でももらえると言いましたが、そもそも再就職手当って何?という人もいると思いますので、説明しますね。

 

退職後に次の就職先が決まっていないとき、ハローワークで手続きをして求職活動をすると、失業保険を受け取ることができます。

失業保険には給付日数が決められていて、その給付日数を一定期間残した状態で就職が決まると再就職手当がもらえるんです。

早期の再就職を応援する制度になっています。

 

失業保険についての詳細はこちらをご覧ください!

<看護師の失業保険はいくら?もらわないほうがお得なことがある!?>

 

「そんなこと言っても、大した額じゃないんでしょ?」

「ゆっくり休みたいから給付日数満了まで失業保険もらいたいんだけど」

という看護師さんもいるでしょう。

しかし!

この後詳しく説明しますが、看護師は条件によっては再就職手当を50万円くらいもらえることもあるんですよ!

 

50万円も再就職手当をもらえるなら、早く就職してもいいかなと思いませんか?

 

そのためにはまず、失業保険をもらうために求職活動をしなければなりません。

求職活動というと、ハローワークで職探しをしたり、ハローワークで病院を紹介してもらうことだと思いがちですが、最初に言ったようにハローワーク以外での求職活動も対象となるんです。

そしてもちろん、ハローワーク以外で見つけた職場への就職でも、再就職手当の対象となります。

 

ハローワーク以外での求職活動というと、看護師の場合は転職サイトを利用することをまず考える人が多いと思います。

その看護師の転職サイトを利用しての就職でも、再就職手当はもらえるんですよ!

 

そして、私は看護師さんにはハローワーク以外での求職活動=転職サイトを利用しての求職活動、就職を強く強くオススメします!

 

その理由についてお話ししていきますよ。

 

看護師の再就職手当を、ハローワーク以外で就職してももらえる条件とは

その前に、看護師が再就職手当をハローワーク以外での就職でもらうためには、どんな条件をクリアすればいいんでしょうか?

以下のような条件になっています。

 

  • 7日間の待機期間後の就職
  • 離職前の職場への再就職ではない
  • 失業保険受給の手続後に決まった就職
  • 給付制限期間開始から1ヶ月後に決まった就職
  • 再就職前の3年間に再就職手当をもらっていない
  • 1年以上働くことが決まっている
  • 就職先で雇用保険に加入する
  • 失業保険の給付日数が3分の1以上残っている

 

難しいところだけピックアップして詳しく説明しますね。

 

7日間の待機期間後の就職

失業保険受給の手続き後、7日間の待機期間というものがあります。

この期間は失業していることを証明する期間なので、働いてはいけません。

 

この待機期間を過ぎてからの就職であれば、再就職手当をもらうことができます。

ですが、ハローワーク以外で就職活動をするときは、次の項目に注意です。

 

給付制限期間開始から1ヶ月後に決まった就職

「夜勤なしで働きたい」

「給料の高い病院にいきたい」

などあなたの都合で退職した場合、給付制限期間というものがあり3ヶ月は失業保険がもらえません。

 

そのうちの最初の1ヶ月間は、ハローワークに紹介された職場への就職でないと再就職手当の支給対象にはなりません。

ですので、この1ヶ月間にハローワーク以外で見つけた病院へ就職しても、再就職手当はもらえないんです。

 

給料の未払いなど病院の都合で退職した場合や、病気や夫の転勤などあなたの都合でもやむを得ない理由の場合は、給付制限期間はありません。

給付制限期間がない場合は、最初からハローワーク以外での就職で問題ありません。

 

失業保険の給付日数が3分の1以上残っている

失業保険の給付日数は、年齢や退職理由などにより90日、180日などと決まっています。

 

給付日数の3分の2以上残っていれば、その70%

給付日数の3分の1以上残っていれば、その60%が再就職手当として支給されるのです。

 

失業保険は、1日あたりの給付額×給付日数で計算されます。再就職手当は上記のように、残った日数分の給付額の6~7割が受け取れるようになっています。

 

シミュレーション

例えば、月平均30万円の給料をもらっていて30歳で退職した看護師は、1日あたり約5000円の失業保険がもらえます。

 

給付日数が180日だとして、140日残して就職が決まった場合、3分の2以上残っているので、5000円×140日×70%=49万円が再就職手当としてもらえます。

同様に、100日残して就職した場合は、5000円×100日×60%で30万円がもらえるんです。

 

けっこう大きなお金ですよね。

 

本当に得してるの?

「再就職手当がもらえることはわかったけど、給付日数の3分の2残しても満額の70%になるんじゃ損してない?」

「満期まで休んで、満額もらったほうがお得じゃん!」

と思った看護師さんいませんか?

 

確かにさっきの例で、1日あたり5000円で180日もらえるとしたら、失業保険の給付総額90万円になります。

しかし、実際に支給されるのは28日ごとで、5000円×28日=14万円です。月14万円ですよ!

月14万円で6ヶ月生活するのは厳しいですよね。

 

特に看護師は、他の職業に比べると給料が高めなので、遊びにエステに洋服にとパァっとお金を使う人が多いと思います。

退職したらなおさら、旅行したいとか普段遊べない友達と遊びたいとか、いろいろ計画するでしょう。

または、やることがなくて暇だからついついショッピングに出かけちゃう、なんてこともあるかもしれませんよね。

 

それなのに月14万円ってどうですか?

「退職金もあるし、大丈夫じゃない?」と気楽に考えているあなた!

退職金はすぐにはもらえません。病院によって差はありますが、退職後2~3か月してからもらえるのが一般的です。

退職金もすぐには入らないし、あなたが理想とする退職後の生活は、貯金がしっかりないときついかもしれません。

 

それなら、遊びは短期集中!

180日間失業保険をもらえるとして、140日残して就職すれば49万円の再就職手当がもらえるので、最初の40日でしっかり遊んで、ハローワーク以外で就職活動をして早めに就職し、再就職手当をガッチリもらう!というのはどうでしょうか?

 

もし、「退職金を当てにしてた、40日間でさえ貯金が少なくて心配」という人は、退職前にキャッシングで借りておくというのも手です。

 

就職が決まれば、再就職手当プラスお給料ももらえるようになるわけですから、再就職手当の49万円で無理なく返済できるくらいの額、例えば35万円くらいを借りておいて、最初の40日間で使う方法もあります。

 

もしくは退職金で返済するのもいいでしょう。

その場合は、退職金がいつもらえるかをきちんと確認しておいてください。

もらえるまでに時間がかかると、利息が膨らんで損をしてしまいます!

 

そしてキャッシングを利用する場合、失業中は借りれませんから、必ず退職前に借りておきましょう。

 

再就職手当をもらうメリット

看護師が再就職手当をもらうメリットをまとめました。

 

  • まとまったお金が入る
  • 休職期間が短くてすむので、貯金が減らない
  • 短期集中で休みを満喫し、濃密な時間を過ごせる
  • また頑張って働こう!と思える
  • 看護師としての知識や技術が衰えない

 

「貯金がしっかりあるから大丈夫!」「満期まで慎ましく生活するから大丈夫!」という看護師さんはいいのですが、「退職したら普段できないことをたくさんしたい!」「貯金が少ないから心配」という看護師さんや、「長く休みすぎると、知識も技術も忘れちゃいそう」という看護師さんもいますよね。

 

そんな看護師さんたちは短期集中で遊び、ハローワーク以外で就職活動をして、早めの再就職をオススメします!

 

看護師が再就職手当をもらうために、ハローワーク以外で病院探しをするデメリット

看護師が再就職手当をもらうためには、ハローワーク以外、看護師転職サイトでの就職活動をオススメすると言いましたよね。

その理由について説明します。

看護師の転職サイトを利用するデメリット、メリットは何なのか考えていきますよ!

 

まず、ハローワーク以外の転職サイトを利用するデメリットってあるんでしょうか?

 

ハッキリ言ってデメリットはほとんどありません!

強いて言うなら、次の2つがあげられます。

 

 

多くの転職サイトから選ばなければならない

今や、看護師が転職サイトを利用して転職するのは当たり前と言ってもいいくらいメジャーな方法です。

そのため、看護師の転職サイトはかなり多いんです。

 

さらに、転職サイトもそれぞれカラーがあります。

地方に強い転職サイト、パートの求人に強い転職サイトなど様々です。

また、直接サポートしてくれる転職コンサルタントの人柄や相性なども、軽視できない重要ポイントです。

 

そのため、転職サイト選びが看護師の転職の行方を左右すると言っても過言ではありません。

あなたの転職を成功させるためには、あなたに合った転職サイトを見つけることが非常に重要なんです!

 

本来、数多くの転職サイトから選べるというのはメリットでもありますが、再就職手当をもらうためには期限もあるので、なるべく1度であなたに合う転職サイトを見つけたいですよね。

 

下調べをして選ばなければいけないこと、合わない転職サイトに出会う可能性もあること、再就職手当をもらうためにはじっくり選んでる時間もないという意味で、多くの転職サイトから選ばなければならないことを、デメリットとしてあげました。

 

ですが、大丈夫です!

看護師の転職サイトの違いがわからない、どうやって選べばいいかわからないという看護師さんは、こちらも読んでみてください。

<看護師の転職サイトの選び方を知って、メリットいいとこどりを狙おう!>

 

再就職手当をもらうこと、ハローワーク以外で求職活動をすることに決めた看護師さんは、失業保険給付の手続きをする前に、もしくは並行して転職サイト選びをしておくといいと思います!

 

ハローワークと転職サイトで手間が倍になる

看護師の転職サイトに登録すると、今までの職歴や希望する条件などについて転職コンサルタントに情報提供する必要があります。

これは、あなたの転職を成功させるために重要なステップなので、省略することはできません。

 

転職の成功率をアップさせるために2つの転職サイトに登録すると、それぞれの転職サイトで情報提供が必要になり、さらにハローワークでも同様の話をしなければならなかったりすると、二度手間だなと感じるかもしれません。

 

また、ハローワーク以外での求職活動の場合、看護師の転職サイトに登録しただけでは、失業保険受給のための求職活動とはみなされません。

転職サイトの求人に応募しないと求職活動とカウントされないので、良い条件の病院を見つけるまでは、他にも求職活動をしなければなりません。

 

再就職手当をもらいたいから短期集中で休みを満喫すると決めたのに、2倍、3倍の時間をとられてしまうのはデメリットと言えます。

 

看護師が再就職手当をもらうために、ハローワーク以外で病院探しをするメリット

看護師が再就職手当をもらうためにハローワーク以外で就職活動をするメリット、すなわち看護師の転職サイトを利用して病院探しをするメリットについて見ていきましょう。

 

デメリットは少なかったですが、メリットはたくさんありますよ!

 

  • 求人数が多い
  • 情報量が多い
  • 優秀な転職コンサルタントが味方になる
  • のんびり過ごせる、休みを満喫できる

 

求人数が多い

ハローワークでも看護師の求人は多いですが、転職サイトの求人数はハローワークを遥かに上回る多さです。

 

転職サイトを利用して転職する看護師がどんどん増えていること、転職コンサルタントが病院と看護師双方の希望をマッチングさせてくれるので、看護師だけでなく病院としても希望通りの人材をゲットできるメリットがあることなどから、転職サイトに求人情報をだす病院もどんどん増えています。

 

そのため、転職サイトの求人数はとても多く、希望の職場を見つけやすいんです。

再就職手当をもらうためには早く就職しなきゃいけないけど、どんな職場でもいいってわけじゃない!条件にこだわりたい!という看護師さんは、転職サイトを利用したほうがいいですよ!

 

情報量が多い

転職サイトは求人数が多いだけではありません。各求人の情報量も多いんです!

 

転職サイトは、求人情報に載っていることだけでなく、載っていない情報もたくさん持っています。

なので希望通りの職場が見つかるだけでなく、「求人情報と違うじゃん!」とガッカリすることも防げるので、「転職したけどすぐ辞めた」という事態に陥らずにすみます。

 

再就職手当は就職後1か月くらいするともらえますが、1か月以内に退職すると、再就職手当がもらえなかったり、返還しなければならない場合もあります。

 

また、再就職後に半年~1年は働かないと退職しても失業保険はもらえませんし、転職を繰り返すのは大変なので、なるべく1度で成功させたいですよね!

そんなあなたは、やはりハローワーク以外での求職活動をオススメします!

 

優秀な転職コンサルタントが味方になる

転職サイトに登録すると、あなた担当の転職コンサルタントがあの手この手でサポートしてくれます。

 

あなたの希望に合った病院を探してくれるだけでなく、給料など待遇面の交渉をしてくれたり、履歴書の書き方や面接対策までしてくれるんです。

 

「給料の交渉なんてできるの?」と驚いた看護師さんもいるでしょう。

そうですよね、私も給料や勤務時間は提示されているものを受け入れるしかないと思っていました。

 

でも、交渉はできます。

と言っても、自分から交渉するのはハードルが高いですよね。

そんなあなたに代わって、転職コンサルタントが交渉してくれますよ!

 

転職コンサルタントを味方につければ、「希望以上にいい病院に就職できて、再就職手当もゲットできた!」なんてことも夢ではありません。

 

のんびり過ごせる、休みを満喫できる

ここまで話してきたように、転職コンサルタントは転職に関するありとあらゆることをサポートしてくれます。

 

病院探し、面接の日程調整、面接対策などなど、面倒なことは代行してくれるので、あなたはのんびりゆっくり休みを満喫することができます。

「再就職手当をもらうために、短期集中で遊んで看護師に復帰するぞ!」という人には、やはりハローワーク以外での病院探しがもってこいなんですよ!

 

ハローワーク以外で就職すべき!

転職サイトのデメリット、メリットについてみてきましたが、いかがでしたか?

転職サイトでの就職は、再就職手当をもらいたい看護師にとってメリットだらけでしたよね。

 

再就職手当をもらうために期限を決めて就職したい!

でも条件にもこだわりたい!

失敗もしたくない!でものんびりもしたい!

休みを楽しみたい!

 

というワガママな看護師さんに、転職サイトはピッタリなんですよ!

ハローワーク以外で就職すべき、というのはこういうことなんです!

 

まとめ

看護師の再就職手当は、ハローワーク以外で見つけた病院への就職でももらえること、ハローワーク以外での就職がオススメなことについて理解してもらえたでしょうか?

 

再就職手当をもらうためには、早期の再就職が必須です。

せっかく退職したんだから、しばらくは休みたい!という看護師さんは多いと思いますが、早期再就職により再就職手当をもらうことにはメリットがたくさんあります。

 

再就職手当を確実にもらうためには、ハローワーク以外での病院探しがオススメです。

 

看護師の転職サイトなら、退職後の時間は休みを満喫しリフレッシュしたら、再就職手当をしっかりもらって看護師に復帰!という、理想的だけど難しそうな道のりも楽々こえられます。

 

あなたが、そんか理想的な未来を手に入れられることを私も応援しています!

看護師転職サイトのおすすめ

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は実績豊富で安心できる看護師転職サイトです。あなたにあった求人を選んでくれるので、まずは相談しましょう。利用者満足度も高く、おすすめです。

ナース人材バンク

オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも実績豊富なため大変参考になるアドバイスが貰えます。マイナビ看護師との併用がオススメ。

こちらもおすすめ

運営者情報 | 看護師進路相談所とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる